加圧シャツ

30代からの男のダイエットに効果的な加圧シャツ

30代になったころからお腹がでてきてダイエットを気にする男性は多いようです。

実際、私自身もそうですし、私の周りにもそういう男性は沢山います。学生時代の友達に久しぶりに会ったら、ずいぶんお腹がでてきて唖然としたり。。でも、自分もそうなのるのは時間の問題かもしれないと焦ったり。。

さらに、おでこがずいぶん広くなってきている同僚や同級生もいて、自分もそうなるのでは、、と恐怖すら感じるほど。。。(笑)

でも、30代というのは、仕事が忙しい時期でもあり、なかなか日常生活に気を付けて規則正しく栄養バランスに気を配った食事をとったり、定期的にジムに通ったりするのがなかなか難しい年代でもあります。

私も、「今度こそ」とジョギングを始めては挫折、、ということを繰り返してきてしまいました。

ですから、ジョギングや普段の食生活の大幅な改善は無理のない範囲でするとして、目を付けたのがサプリメントというわけです。

中でも脂肪燃焼サプリは手軽に続けることができ、おすすめです。

しかし、脂肪を燃焼させるだけでなく、男なら誰だって、ムキムキの筋肉というものをつけたいと思いますよね。「6つに割れた腹筋。いつ、俺の腹に現れるんだろう」。。と思いながら腹筋をしては挫折。。という人も多いのではないでしょうか。

私も、サプリと並行して、「筋肉」をできるだけ効率よくつける方法はないのか探していたところ「加圧シャツ」の存在を知ったため、このところ試しています。

そこで、ここでは、加圧シャツの効果や着用方法と、おすすめの加圧シャツについて書いていきます。

加圧シャツとは?

加圧シャツとは、高い伸縮性を持った素材で作られたシャツで、直接肌の上に身に着けることで、腹筋や背筋といった体幹の筋肉を刺激するアイテムです。

素肌の上に直接着ることで効果が得られるものですから、インナーシャツ設計になっているものが多く、普段のスーツや洋服の下に着用できます。

高い伸縮性のある素材としては、「スパンデックス」という繊維が配合されているものがほとんどです。「スパンデックス」はゴムほどの伸縮性と高い耐久性を持ち、スポーツウェアなどに使用される繊維です。

スパンデックスの配合率は、加圧シャツの加圧力に大きく関係してきます。

また、加圧シャツは、スパンデックス素材だけでなく、メインとなる生地が、ナイロン製のものと、テリロン製のものの、大きく二種類があります。

ナイロン製のものは伸縮性が大きいため、よりストレスなく着用することができるでしょう。

比べてテリロン製は、ナイロンほど伸縮性が大きくないため、引っ張ってもあまり伸びないという特徴があります。そのため、ナイロン製よりも少し大きめに作られているものが多いようです。着心地という面ではナイロン製には劣りますが、がっちりとした加圧効果が感じられ、加圧シャツ本来の役割という意味では、こちらも引けを取りません。

では、そのような特徴を持った加圧シャツを選ぶポイントについて考えていきましょう。

自分にあった加圧シャツを選ぶポイント

私もいくつか試していますが、選ぶ際にいくつかのポイントがあると思います。一つ一つ見ていきましょう。

スパンデックス配合量と適度な厚みがあるか

加圧シャツは、加圧力をかけるために耐久性があることが重要です。薄いものは耐久性が悪くなりますので、着心地にこだわって薄いものを選ぶと耐久性の面でものたりない場合があるので気をつけましょう。

また、使用されているスパンデックスの配合量を見て伸縮力と耐久性を判断するのも良いでしょう。

主要素材がナイロンか、テリロンか

先ほど書いたとおり、加圧シャツは、主要素材にナイロンを使っているものと、テリロンを使っているものの大きく二つに分かれます。

ナイロン製のものは、伸縮力が大きいために、比較的小さめに作られ、「伸縮力」を生かしてピッタリと着るタイプになっています。

対してテリロン製のものは、伸縮力が小さいため、ナイロン製のものよりはもともと少し大きめに作られています。着心地も、ゴワっとした感じですが、その分、スパンデックスの加圧力が感じられ、加圧シャツ本来の機能という面はわかりやすいです。

サイズは自分に合っているか

加圧シャツは、サイズ選びがとても大事です。直接肌に着けて、筋肉に働きかけることで効果を上げるためです。ですから、サイズ展開を確認することや、もし、着てみる機会があれば、着てみてから選ぶということが重要です。

抗菌加工や消臭加工が施されているか

これはちょっと見落としがちなのですが、加圧シャツの場合、着用時に圧がかかるため、一般的なインナーよりも肌に密着し、汗を吸収しやすいものです。すると、汗の臭いや雑菌の繁殖を防げるように、抗菌加工や消臭加工の施されたものが理想的です。

実際、私も初めて着たときには、あまりに肌に密着するために、背中やお腹にアセモができないか心配したものです。冬はまだいいのですが、夏にはとくに注意が必要です。

ですから、速乾性のあるものを選ぶのも良いと思います。

価格

毎日着るものなので、やはり、お手頃価格だったり、枚数を買うと割引があったりするお得感があるものが良いですね(笑)

おすすめ加圧シャツランキング

上記のポイントから私が選んだおすすめ加圧シャツランキングを書いてみます。ただし、どの加圧シャツも良い点があり、人によって感じ方も違います。ですから、これをご参考にして、あなたに一番合った加圧シャツを選んでみてください。

ランキング1位
Vidan ザビースト
「ビダンザビースト」
新庄剛氏も推奨。プロスポーツ選手にも愛用され、全国のスポーツジムでも取り扱われている、実力派の加圧シャツ。
シリーズ累計10万枚以上売り上げが人気商品。迷ったらビダンザビーストで間違えないでしょう。
おすすめ度
特長 スポーツ選手に愛用され、全国のスポーツジムでも取り扱われる実力派加圧シャツ。
単品価格 3,980円(送料別)
購入特典 公式サイトならまとめ買いで最大20%オフ!送料無料

公式ページ

ランキング2位
「ボクサープレス」
高性能スパンデックスの配合割合が絶妙で、普段の生活からトレーニング、就寝時にもOKの使い勝手の良さ。速乾吸収素材使用で実用的。
「加圧」と「着心地」のバランスを追求したいなら、ボクサープレスがおすすめです。

 

おすすめ度
特長 「加圧」と「着心地」のバランスが絶妙。初めての加圧シャツとしてもおすすめできます。
単価 3,980円(送料別)
購入特典 公式サイトならまとめ買いで最大16%オフ!送料無料

公式ページ

ランキング3位
SASUKE
「SASUKE」
累計販売枚数50,000枚突破。顧客満足度98%の人気商品。金属繊維使用で、気になる汗の臭いを防ぎます。
また、コストでいったらイチオシです。
おすすめ度
特長 顧客満足度98%の納得商品。
単品価格 2,980円(送料別)
購入特典 公式サイトなら5枚購入で1枚無料・送料無料。3枚以上購入で送料無料

公式ページ

ランキング4位
MUSCLE PRESS TANK TOP
「マッスルプレスタンクトップ」
半そでタイプが多い加圧シャツの中で、珍しいタンクトップタイプ。
加圧力は業界最大級。背中にはクロス設計されており、背筋を伸ばし姿勢矯正効果も期待できます。半そでタイプもありますが、タンクトップタイプのほうがより加圧力が高く、筋トレのサポートにも効果的です。
おすすめ度
特長 加圧シャツには珍しいタンクトップタイプ。高い加圧力で筋トレの効果を高めます。
単品価格 3,980円(送料別)
購入特典 公式サイトならまとめ買いで最大28%オフ!送料無料

公式ページ

加圧シャツの効果を最大限引き出すためにやりたいこと

加圧シャツを選んだら、それを着ているだけで腹筋が割れるかといったらそれは残念ながらそういうわけには行きません

サプリメントも同じですが、やはり、それだけではなく、運動をしたり食事に気を付けたりすることも同時にやると効果が出やすくなるように、加圧シャツも、筋トレや運動を併用することでより効果を期待することができます。

私は、ロードバイクも好きで、サイクリングのインナーとしても加圧シャツを着ています。トレーニング時のインナーとしても、加圧シャツは有効ですので、一石二鳥かなと思っています。

まとめ

仕事や付き合いで忙しい30代以上の男性のダイエットには、日常生活の中に普通に取り入れていけるアイテムの活用が続けるコツです。

その点、加圧シャツは、インナーとして使えますから、普段の生活を何も変えることなく取り入れられます。洗濯も普通にできますし。

ダイエットについて、何から始めたらいいのか迷っている方がいたら、まずは加圧シャツを使ってみることをお薦めします。